PUBLICATION

雑誌/メディア掲載

海にまつわる「食」「ものがたり」「人」を通して、海の情報をオリジナルコンテンツに編集し、伝えていくウェブマガジン「海のレシピプロジェクト」にインタビュー記事が掲載されました。



ぜひご覧くださいませ。

海のレシピ project

[ Category ][ Place ]ホタテのひとさらにみる美しい海[青森県 むつ市]2022.04.22 UP風はどこからやってくる?15世紀に描かれたサンドロ・ボッティチェッリの絵画『ヴィーナスの誕生』では、ギリシャ神話に登場するゼフュロスの吹く風が、海から生まれたヴィーナスを浜辺へと送り届ける様子が描かれている。この古典絵画に向き合いながら、地球の未来への希望を見いだしたい。今、地球上で起こっている気候変動は自然の要因に加え、人間の社会活動も影響していることを自覚して。 レシピ 帆立のちゃんちゃん焼き仕立て ものがたり 絵画『ヴィーナスの誕生』 トピックス ホタテの貝殻から学び「美しく洗う」を広めるトピックス海の幸の代表格でもあるホタテ。天然物は貴重で、私たちの食卓にのぼる多くは養殖物だ。むろん、目的は食べることにあり、貝殻は加工の過程で捨てられている。 そんなホタテの貝殻の資源価値に光をあてる人がいる。茅ヶ崎を拠点に置くレルムナチュレジャパンの鈴木典子さんもその一人。ホタテの貝殻をアップサイクルしたマルチパウダー「618 scallop powder」を企画開発し、使ってみてよかった!という自身の体験を伝える活動を広げている。鈴木さんがホタテの貝殻に注目するようになったのは、5年ほど前。化粧品会社で働いていた当時、アトピーに悩み、肌にいいことをいろいろ調べていたという。そんな折、青森や北海道では洗剤の代わりにホタテパウダーが使われていることを知り、試してみることした。 すると、キッチンの油汚れは簡単に落ちるし、ペットが使うブランケットもつけ置きすれば、全然臭わない。さらに、お風呂のお湯に入れれば塩素除去もしてくれる。日々の暮らしに取り入れているうちに、気づけば、長年悩んでいた肌の悩みまで改善していた。自然のものだから環境に負荷をかけることはないし、使ったあとの水は排水管の汚れもきれいにしながら流れていってくれる。 「こんないいものをなんで捨てちゃうんだろう」 素朴な思いから、自身が実感した良さが伝わる製品を目指し、3年の月日をかけて、「618 scallop powder」を完成させた。商品名は、原料の産地である青森県で、6月18日が「ホタテの日」になっていることにちなんでいる。

海のレシピ project