WHAT'S 618

ゴミではなく資源

ホタテの貝殻はいわゆる「産業廃棄物=ゴミ」です。ホタテ貝のほとんどは身だけをとって出荷し残った貝殻はウロなどが付いたまま廃棄します。ホタテ貝は国内での消費よりも輸出量が多く、ゴミだけが残ります。貝殻をそのまま放置することで増える、害虫や害鳥。積み上げられた貝殻により土壌汚染も見つかり、最終的に毎年15万トン以上も海に捨てられています。それは海中の生態系にも影響を与えます。618 scallop powderを洗剤と置き換えることで、間接的にこれらの問題解決にもつながります。さらにマイクロプラスチック問題、家庭からの生活排水による水の汚染も大幅に改善します。ホタテの貝殻はゴミではなく、サスティナブルな資源です。

なぜホタテ貝なのか

意外かもしれませんが日本の貝類の出荷量はホタテ貝がダントツ1位です。2020年の農林水産省のデータでは、あわび類669トン、さざえ4,609トン、あさり類4,305トン、ホタテ貝346,013トン、その他の貝類26,807トン。市場には牡蠣パウダーやホッキ貝パウダーもありますが、牡蠣やホッキ貝はその他の貝殻に含まれます。ちなみに牡蠣パウダーは除菌はできません。ホッキ貝パウダーはホタテより洗浄力が高い(=アルカリ数値が高い)ことが特徴ですが、日常生活においてそこまで高いアルカリ数値のものは必要ありません。

618 scallop powderの特徴

618 scallop powderは放射線試験をクリアした貝殻のみを使用しています。製造工場は食品添加物製造業許可を取得しています。パウダーのグレードは最高品質の食品添加物グレード、pH12という強アルカリ性でありながら刺激性は蒸留水以下の安全なパウダーです。

刺激性について

「p H12の強アルカリ水なのに刺激性は蒸留水以下?」


酸やアルカリに反応して火傷のような状態になる事を「化学熱傷」といいます。ですがこれはp Hの高さで起きる現象ではなく、中に含まれる成分によって引き起こすものです。618 scallop powder は水に溶けるとpH12の強アルカリとなりますが、同等のpH12前後を持つ薬品(水酸化Na)のようにタンパク質を溶解させるものとは異なります。除菌はできますが、刺激もなければタンパク変性も一切ありません。食品添加物としてこんにゃくの凝固剤にも使用されています。又、石油系・化学合成の防腐剤・色素・人工香料なども一切入っておりません。お肌のデリケートな方や赤ちゃん・ペットがいるご家庭でも安心してお使い頂けます。

様々な誤解

「ホタテパウダーって石灰でしょ?」

「pH12の強アルカリを口に入れるなんてとんでもない!!」

「太平洋で取れたものなんて放射線だらけで危険」

という解釈する方もいれば、とある大学病院の研究チームでは「インフルエンザウィルスにも効果的かもしれない!」と実際に研究が進んでいます。アメリカではホタテパウダーをクリーム状にした製品が水虫の治療薬として認められ販売されています。様々な解釈や誤解があるホタテパウダー。それはなぜなのか。

重曹に医薬品用、食品用、掃除用とあるように、ホタテパウダーにもグレードがあります。このグレードは工場の仕様や製造工程より変化します。一般的に、安価なものは主に土壌改良や建築現場などでの使用目的の為、食材を洗ったり、衣服を洗ったりするには望ましくありません。ですがホタテパウダーはこのグレードに関わらず製品に表記する時には「ホタテ貝殻焼成パウダー」と記載するだけ。誤解を生む理由のひとつだと私達は考えました。ネガティブな誤解をできるだけ取り除き安心して使用して頂く為に、SNSなどのライブ配信で直接製品や使用方法について皆様のご質問や疑問にお答えしながらお伝えしております。