私たちは水でできている

私たちの体の半分は「水」でできている。

そう聞いたことのある方も多いはず。これは人間以外の生命も同じです。

例えば・・・・


人間の細胞は年齢が若いほど活発な為、水分量も多くなります。


このように、体の半分以上が水分。体重の2%にあたる水分が失われただけで具合が悪くなり、20%が失われると死に至ります。どんな生き物も水が命を支えています。


それにも関わらず、この命の源である水に対してなぜこんなにも関心が少ないのでしょうか。なぜ命よりも目の前の「安い」ことが大切なのだろう。なぜ命よりも「ラクだから」を優先するのだろう。


環境に優しい洗剤なら本当に良いのか。

その洗剤だって新たな沢山の環境資源を使い、私たちの暮らす家(=地球)に負担をかけていることに変わりはないのに。もう洗うための資源(=ホタテ貝)はあるのに、なぜそれをゴミに捨てて新たな資源を使い、洗剤を作らなければならないのか。


それは誰のためなのか?


今一度考えてみませんか。

0コメント

  • 1000 / 1000